Introduction

サンダンスが歓喜に包まれた!タイに魅了され、"野良ゾウ"にインスピレーションを得た
カーステン・タンが描く、かつてない摩訶不思議なロードムービー!

ゾウと中年男がタイの国土を縦断するという奇想天外なアイデアを、
巧みなストーリーテリング、ユーモアあふれる演出、そして旅情感に満ちた映像で描き出したのは、シンガポール出身の女性監督カーステン・タン。
短編が各国の国際映画祭で注目され、CNNの「注目の人物」でも取り上げられた俊英が長編第1作に選んだ舞台は居住経験のあるタイ。
その時に目撃した"野良ゾウ"のビジュアルに触発されて制作した本作は、シンガポールの名匠
エリック・クーに大絶賛され、ワールドプレミアとなったサンダンスで脚本賞を受賞し、大きな話題となる。
その後、ロッテルダムやチューリッヒなどの国際映画祭でも高い評価を得る。
第30回東京国際映画祭CROSSCUT ASIA部門上映作品。

Story

Staff&Cast

監督・脚本:カーステン・タン

1981年、シンガポール生まれ。シンガポール国立大学を卒業後、映画学校(ニーアン・ポリテクニック)で映画制作を学ぶ。2本の短編映画を作った後、韓国、タイでの生活を経て渡米。ニューヨーク大学にて映画制作の修士号を取得する。これまでの監督作はシンガポール、サンダンス、ロッテルダム、トロント、釜山などの国際映画祭にて上映され、CNNの番組「注目の人物(Ones to Watch)」で特集されるなど、国際的に注目を集めている。『Dahdi』(2014)でシンガポール国際映画祭最優秀東南アジア短編映画賞、『Fonzi』(2007)で同映画祭最優秀監督賞を受賞。長編第1作である本作はサンダンス映画祭、ロッテルダム国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭で受賞するなど、受賞歴多数。現在はニューヨークを拠点に活動しており、ジョルジオ アルマーニのCMなども手掛けている。

ボン

1995年生まれ。長年セレモニーのゾウとして活躍。
本作で映画デビューを果たす。

タネート・ワラークンヌクロ

1958年生まれ。歌手、作曲家、音楽プロデューサー、俳優。80~90年代にかけて、タイのプログレッシブ・ロックのパイオニアとしてヒットチャート1位を獲得するなど高い人気を誇るが、絶頂期に突然表舞台から姿を消す。その後、自身のレーベル「Music Bugs Company」を設立し、タイの有名ロックバンドを多数輩出。約20年の休業を経て、2015年に歌手活動を再開。俳優として本作で長編映画デビューを果たし、『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(2017)にも出演。

ペンパック・シリクン

1962年生まれ。女優、モデル、歌手。80年代にはタイのセックスシンボルとして高い人気を誇り、女優としても高い評価を得る。30年を超えるキャリアでは、娯楽映画からアート映画まで幅広く出演。ハリウッド映画『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』(2011)にも出演。

Trailer

Theater

特別鑑賞券¥1,500 絶賛発売中!

劇場窓口でお買い求めの方には
ゾウのおもちゃをプレゼント!(数量限定・先着順)

※一部お取り扱いのない劇場もございます。
 詳しくは各劇場までお問合せください。

地域 劇場 公開時期
東京ユーロスペース8月18日(土)~
栃木宇都宮ヒカリ座12月8日(土)~12月21日(金)
神奈川横浜シネマリン9月15日(土)~
静岡静岡シネ・ギャラリー近日公開
長野松本CINEMAセレクト近日公開
愛知名古屋シネマテーク近日公開
京都京都シネマ10月
大阪シネ・リーブル梅田8月25日(土)~
兵庫元町映画館近日公開
広島横川シネマ近日公開

Review

ゴダールはかつて、映画に必要なものは「女」と「銃」だと言ったが、
「中年男」と「ゾウ」の組み合わせはそれに匹敵するのだ!

―Indie Wire

種を超えた男たちの笑って泣けるバディムービー

―The Washington Post

友情と人生の円熟を描く奇妙なロードムービー

―The Film Stage

サンダンスの観客の心を揺さぶった大注目作!

―Screen

心にゆっくり染みる忘れがたい一作!

―Hollywood Reporter

温かいけど感傷的じゃなく、軽やかなシュールさに彩られている。
サンダンスは歓喜で満たされた!

―Variety